反則級の可愛さ

こんばんわ。しりパパです。
息子マルにごはんをあげているときのお話です。

マルにご飯をあげるとき

上手にもぐもぐできたことを褒めると

喜びを表現する

この可愛さ反則やろ

*****
親バカ全開ですが、我が子ながら反則級に可愛かったです。

 

正直なところ産まれてすぐの頃は
自分の子供だから“特別可愛い”というのがなかなか実感できない時期もありました。

でも、今回のエピソードに限らず、マルが自分自身の感情を一生懸命表現してくれて、僕に返してくれるようになってから、可愛い愛しいという感情が勝手に溢れ出てくるようになりました。

 

今ではママにも負けないくらい息子にデレデレです。

 

男性は女性と違って、産むという体験ができないからこそ、こうやって日々のやり取りの中で、親である喜びや実感をつちかっていくものなのかもしれません。

今日も家族に感謝。

ではでは、本日はこのへんで失礼します。

インスタグラムでも最新の我が家の日々を投稿中です〜。 どうぞ気軽にフォローしていただければと思います!
8ヶ月 育児マンガ
スポンサーリンク
シェアする
しり&カッパ妻&まるをフォローする
ボクとカッパ妻の育児日記
タイトルとURLをコピーしました