我が子が一番可愛い

こんにちわ。しりパパです。
マルが不意打ちであることをしてくれたときのエピソードです。

*****

可愛すぎて息が止まるかとおもいました。笑

マルが生まれる前までは、

本当に我が子を愛せるのだろうか?
我が子が一番可愛いというのは本当?

と、不安を抱いていた自分がいました。

 

でもね、でもね、やっぱり我が子が一番可愛いですよ。

こんなことされたら堪らん!

 

マルの日常の登場人物は、主にパパとママで占められていて、
言葉も上手く喋ることができないほどまだ幼いから、
彼なりに精一杯の愛情表現をしてくれたんでしょうね。

 

なんて愛おしいんだろうと感じました。

この後、マルへの愛情が溢れすぎて妖怪チュッチュ魔と化してしまったしりパパでした。


ではでは、本日はこのへんで失礼します!

インスタグラムでも最新の我が家の日々を投稿中です〜。 どうぞ気軽にフォローしていただければと思います!
育児マンガ 1歳2ヶ月
スポンサーリンク
シェアする
しり&カッパ妻&まるをフォローする
ボクとカッパ妻の育児日記
タイトルとURLをコピーしました